ヘラクレス

Amazonicoさんブリードルームに訪問&近況

久しぶりの更新となります。
現状飼育1クール目のT-117系はほぼ羽化し、現在メインのアンビタル系のラインが順調に育っており、今季は初年度と比べかなりアベレージが上がりそうです。
4月の新築戸建てへの引っ越しが控え、まだ手狭な環境下での飼育を続けていますが、引越し後は一気に飼育頭数を増やし、且つ幼虫飼育用のケース等選択の幅も相当広がるので、非常に楽しみな今日この頃です。

今月始めに、昨年10月頃からヘラクレス界を一世風靡しているAmazonicoさんより、成虫のペアを落札させて頂きました。

サイズは♂156mm
血統は親♂154mm  親♀69,5~71mmの4頭使用(OAKS No.114&No116使用)のもの。
(XIX-S血統)

現行ギネス174mmを凌駕する個体を多数輩出している血統で、同系統のどの個体も全長に対する圧倒的な胸角率を有し、代々掛け合わせてきた血の系譜がようやく覚醒されたようです。
Amazonicoさんはかの有名なNo.9の種親(現在まで直系)からブリードを始められたとのことで、僕が所有するアンビタル等もNo.9の血筋が入っており、総じて低体重からの長角個体が羽化する系統になります。

サイズこそ156mmではありますが、綺麗なフォルムをしており、本血統特有の抜群の胸角率を有し、後世に最高の遺伝子を残してくれるだろうという希望的観測の元、そのポテンシャルに魅了され落札する運びとなりました。

ペアでの落札でしたので、別血統の♀(Amazonicoさんは大きく2系統管理)もいます。
今後の交配スケジュールとしましては、本ペアの♀の他に、
MDさんより直接購入させて頂きました『ティーガー171系の♀70mm(CBF7)』と、
OAKSのgifunotakaさんより落札しました『T-115の♀71.5mm(CB)』を使用する予定です。
後は、当方管理の『UB67SAOGNxティーガーの♀73mm』や現在蛹の『アンビタル零IxアンビタルMDの♀』も♂の状態次第で掛け合わせたいなと目論んでいます。

ブログ仲間のRAFFIAさんからお譲り頂いたアンビタル究極系の幼虫たちも順調に育っており、中でも『アンビタル究極162mmxAmazonico76mm』の幼虫たちはどのような形状で羽化してくるのか溜飲物です。
ミスケくんも頑張っているみたいだし、切磋琢磨して大きな個体を羽化させたいものです。

さて、前置きが長くなってしまいました。
近況はここまでにして、冒頭のタイトルにありますように、昨日Amazonicoさん宅に無理を言って長男とお邪魔してきました。

大阪より電車を乗り継いで滋賀へ。
現行ギネスを上回る個体達を拝むべく乗り継ぐわけですから、童心に帰ったような心境であったことは言葉にするまでもありません(笑)
最寄り駅に着き、長男と道中を歩いていると、ちらほら積雪を確認し、そのたびに長男が嬉しそうに駆け出します。
程なくしてAmazonicoさん宅に到着しました。
立派な家屋に、優しそうなお母様が温かく出迎えて下さり、Amazonicoさんブリードルームに案内されました。
僕は自分以外のブリードルームに入るのが初めてでしたので、探窟家になったような気分で下足を脱ぎ捨て上がりました。

飼育頭数の多さに言葉を失います。
ラックに綺麗に陳列されたケースに、湿潤とした室内。
この場所で、この環境で、唯一無二の個体達が羽化したのかと思うと感慨深くなります。
Amazonicoさんにお礼を言った後、最近のヘラクレス界の事や血統や飼育論をお話しながら早速生体を見せて頂きました。

豪傑175mm極太

光明178.4mm

ティモールギラファ99.9mm(ギネス個体)

光明178.4mm、その胸角の長さに圧倒されました。
自分の所のおチビちゃんばかり見ている僕には、玩具のように見えます(笑)
豪傑、175mmでの極太も超圧巻で、個人的にはこちらの個体のほうが強烈に写りました。
いつか自分も・・・自分の中で沸々と滾ってきます。

そして、いずれ日本中、いや世界中に知れ渡ることになるであろう超大型個体もこの目に焼き付けてきました。
その個体を自分のこの目で見れたことに、本当に嬉しく思います。

Amazonicoさんはティモールギラファのギネスレコードも持っておられ、2年半もの歳月を掛けて作り上げた最高の個体も撮影させて頂きました。

お一人で多数の観葉植物やヘラクレス等昆虫を飼育されていて、超多忙な中にも関わらず、自分のような得体の知れない人間を受け入れて下さり本当に感謝感激です。

この経験を糧に、貪欲に益々日々精進していきたい次第です。

関連記事

  1. ヘラクレス

    アンビタル零I x FFUB67 Aライン

    僕は物事を考察する際、極力先入観を払拭するように努めています。先入…

  2. ヘラクレス

    至高の極太遺伝子

    いよいよ我が家の小ケース飼育も後半戦となってきました。序盤の成長期…

  3. ブリード

    保有血統紹介

    保有血統の紹介記事です。自分でも全て把握出来ていなかったので、簡単で…

  4. ブリード

    蛹室形成不全のすすめ

    僕はヘラクレスが造形した蛹室がケースの角っこであったり、明らかなサイズ…

  5. ヘラクレス

    経過報告と期待のアンビタル系幼虫

    新ブリードルームでも小ケース飼育でいくと公言して早一年が経とうとし…

  6. ブリード

    クライオニクス(人体冷凍保存)

    あるスマホニュースが僕の視線を奪い、誘導されるようにタップした。「…

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 貴吉おやじ
    • 2017年 3月 09日

    SECRET: 0
    初めまして貴吉おやじと申します。
    Amazonicoさんの個体良いですよね♪。
    私も135mmの個体を購入させて頂きました。
    幼虫が24頭取れました。(現在13頭保有)
    飼育ド初心者ですが、今後も宜しくお願い申し上げます。

    • ktwf87
    • 2017年 3月 10日

    SECRET: 0
    貴吉おやじさん
    初めまして、コメントありがとうございます!
    Amazonicoさんの血統は低体重からでも長角で且つ良いサイズが出ますので、不慣れでも大いに期待出来るかと思います(*^^*)
    採卵も順調のようですので、この調子でお互いがんばりましょうね♪

    • ヤス
    • 2017年 3月 26日

    SECRET: 0
    初めましてヤスと申します。
    長文失礼します
    自分もヤフオクでAmazonico氏から170mm血統ペアと岐阜のタカ氏からOAKS No.122ペア、KUWATA大宮でOAKS代表のK氏から直にNo.122オス単品を購入しました。
    Amazonico氏のペアは現在産卵中で今の所、トータル50個ぐらいで孵化が始まりました。
    OAKS血統は後食始めたばかりでペアリングはゴールデンウイーク頃になりそうです。
    ちなみにロードバイクもやられているのですか?。
    自分はキャノンデールのスーパーシックスEVOに乗っています。
    また時間がある時に寄らせて頂きます。

    • ktwf87
    • 2017年 3月 27日

    SECRET: 0
    ヤスさん
    初コメントありがとうございます!
    ヤスさんもAmazonico血統にOAKS血統を購入されたのですね(*^^*)
    どちらもサイズも形状も非常に秀でた系統ですので、上手く掛け合わせたいですね♪
    お互い大型美形を目指し頑張りましょう(*´∀`*)
    ロードは通勤に使用するぐらいの半端者ですが、毎日往復のライドを楽しんでいます(^^)
    僕はSCOTTのCR-20をカスタマイズして乗っています♪
    コンフォートタイプで速さを追求するタイプのバイクではありませんが、日々楽しんでますよ~♪
    いつでもお立ち寄りください♪

人気ブログランキング

最近の記事

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. ニジイロクワガタ

    ニジイロ三号割り出し
  2. イベント

    insect discovery 2015 in 南港ATC
  3. ニジイロクワガタ

    近況と今後の展望
  4. ブリード

    地震大国で住まうという心構え
  5. ヘラクレス T-117

    OAKS T-117血統ヘラクレス
PAGE TOP